Facebookページ 会員ページログイン

チーム安全登山

みんなで出そう計画書!
チーム安全登山は安全な登山を支援する山岳保険制度です。

会員規約

  • 第1条(名称)
    この制度を「チーム安全登山 会員組織」(以後「当会」)という。
  • 第2条(目的と運営)
    • 1)当会は、本会員規約において定義されるチーム安全登山会員(以下「会員」という)で構成され、安全登山の推進および救助体制の支援を目的として設立したチーム安全登山実行委員会(以下「委員会」という)が運営を行う。
    • 2)委員会は、株式会社ヤマレコおよび一般社団法人山岳寄付基金、株式会社ヤマテンで構成される組織であり、株式会社ヤマレコが主として運営業務を行い、一般社団法人山岳寄付基金が山岳保険制度に関する運用・給付を行う。
  • 第3条(会員)
    会員とは、当会の趣旨に賛同し入会した者とする。
  • 第4条(入会)
    入会しようとするとするものは、所定の申込手続を行うものとする。
  • 第5条(会員期間)
    会員期間は申込日から1年間とする。
  • 第6条(継続)
    会員期間満了日の30日前までに委員会への更新しない旨の意思表示がない場合は、以後同様に1年間継続するものとする。
  • 第7条(退会)
    会員はいつでも委員会に対する通知をもって退会することができる。ただし既に支払った年会費等は返戻しないものとする。
  • 第8条(会費)
    会員は年会費4000円を入会時および継続時に支払うものとする。納入方法は委員会が指定した方法とする。
  • 第9条(会員サービス)
    会員には以下のサービスが付帯されるものとする。ただし年会費の支払い前は全てのサービスを受けることができない。なお以下のサービスは、年会費と賛助会費により運営する。
    • 1)救援者費用保険 保険金額500万円 (引受 損保ジャパン日本興亜
    • 2)登山計画書作成・提出による付加給付(次条記載)
    • 3)登山等アウトドア活動に関する情報提供
    • 4)その他上記に付随したサービスを提供することがある
  • 第10条(登山計画書作成・提出による給付制度)
    会員は山行の前に、ヤマレコにおいて登山計画書の作成および家族、警察など第三者への提出を行うことで、その山行中に会員が国内で遭難し、前条1の救援者費用保険の免責条項等に該当したため保険金の支払いを受けることができない場合は、救援者費用保険と同じ基準で一般社団法人山岳寄付基金からの給付を受ける事ができる。
    ※本条における遭難とは、日本国内で遭難し、管轄の警察署等の公的機関に届出を行った遭難事故とします。
  • 第11条(改定)
    委員会はこの規約を改定することができる。
  • 第12条(施行日)
    この規約は平成25年12月19日より施行する

    平成29年1月10日 一部改定
ページの先頭へ